のり巻き 作り方カテゴリの記事一覧

韓国のり巻きのレシピ

韓国のり巻きのレシピは基本的に普通ののり巻きと作り方は同じで、材料に韓国のりを使っていることと中身に韓国料理が入っていることがちがうくらいです。

基本的に巻き方は同じなので、自分で巻いてみたいと思う韓国料理を入れれば簡単に韓国のり巻きができると思います。
肝心の中身ですが、ナムルやキムチなどを入れれば良いと思いますし、それらの食材はスーパーなどで売っていますので簡単に用意できると思います。

どうしても素材から作ってみたいという方は、インターネットで検索すればたくさんの韓国のり巻きレシピが見つかると思いますので、すこし参考にしてみてはいかがでしょうか。
普段からのり巻きを作っている方には材料を変えるだけで良いので、新しい技術や調理法を覚えなくても良いのは嬉しいですよね。
韓国のりはのり巻きとして使ってもかなり美味しいですので、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか。

レシピはインターネットで簡単に調べることができますし、材料もスーパーで簡単に購入することができると思います。
最近は韓国の食材が結構人気なようですし、味も美味しいうえに簡単に作れると思いますのでかなりオススメですね。

のり巻きの巻き方

のり巻きの巻き方はプロの職人さんのように巻こうと思ったら難しいと思いますが、それなりに巻くならそんなに難しいものではないです。

まず、どの太さののり巻きを巻くかによってのりの切りかたが変わってきますので、まずは何を入れて巻くか決めましょう。
とりあえずカッパ巻きの巻き方を説明すると、かっぱ巻きは細巻きで巻くのが一番バランスが良いので、まず市販ののりを横に半分に切ります。
のりにはざらざらした面とつるつるした面があると思いますが、つるつるした面を内側になるように置いて、そのうえに酢飯を置いていきます。

酢飯を置いていくときの注意としては、あまり押し付けてしまうと酢飯が潰れてしまいますので、優しく力を入れすぎないようにしていくと良いと思います。
酢飯は始めにある程度の塊を作っておいて、それをのりのうえで指を使って伸ばしていくようにすると上手くおけます。
のりの上下はすこしスペースを開けておいて、酢飯の端は土手を作るようにすこし盛り上げて置くようにしましょう。
後は真ん中に具を置いて巻くのですが、巻いてから四角にするときは2〜3回軽く力を入れてやると簡単に四角い形になります。

太巻きの場合も基本的に同じなので、いろいろ試してみることをオススメします。

のり巻きの種類

のり巻きの種類といってもいろいろありますが、基本となるのは細巻き、中巻き、太巻きの3種類ではないでしょうか。

基本的に食材によって使い分けられ、きゅうりを巻いたかっぱ巻きや、たくあんを巻いた新香巻きなどは細巻きで巻かれることがほとんどですね。
なぜ細巻きで巻かれるかというと、食材と酢飯のバランスが一番良いのが細巻きだったからというのが一般的ではないでしょうか。

中巻きでは一般的な巻き寿司がこれにあたるのですが、太巻きと中巻きの差は地域や店によってバラバラなようですね。
また、中巻きという括り自体がないところもあって、太巻きと細巻きを基本にしているところも多いようなのですこし気にしてみてはいかがでしょうか。

基本的に太いものは複数の食材を入れないと酢飯とのバランスが取れないと思いますので、海鮮巻きやサラダ巻きなどに向いていますね。
のり巻きは基本的に何を入れても自由なので、節分の巻物でもない限り気にする必要はないと思います。
自宅で作るときには太いか細いかよりも酢飯とのバランスを考えて巻いていくと上手くいくと思いますので、ご飯の量に注意して巻くことをオススメします。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。